空き家再生プロジェクト「あおそらカフェ(AOSORA CAFE)」に行ってきた

2016年1月に千葉市にオープンした「あおそらカフェ」に行ってきました!
あおそらカフェはただのカフェではありません。
昭和の時代にたくさんあった平屋の二間くらいの小さな家。住む人も少なくなり、多くは取り壊されてしまっていますが、そんなレトロな空き家を再生して活用しようというプロジェクトです。

カフェのオーナーはフリージャーナリストの佐藤修さん。カフェオープンまでの様子をフェイスブックで拝見しており、行ける日を楽しみにしてました。

千葉駅って降りたことないよ。
駅からさらにタクシー。横浜の南端であるウチからだと2時間の道のりです。
遠足気分です。
総武線が想定外の混み具合でお菓子は食べられませんでした。(関係ありません)

では以下写真でお送りします!
アオソラカフェ 千葉

アオソラカフェ 千葉

 

千葉大産柑橘類のジュース。この日は日向夏。

アオソラカフェ 千葉

食事メニューはカレーのみ。これも絶品。じゃがいもはオマケ、わたしが持って行った放し飼い鶏の卵のっけてもらいました。

アオソラカフェ 千葉 カレー
珈琲もおいしい。おかわり200円と良心的。

アオソラカフェ 千葉
ブラジルのデザート「ロミオ&ジュリエット」。ブラジルに現存するスイーツで、ジーコの通訳をされていた鈴木氏監修とのこと。バニラアイスの下にレアチーズ、上にグアバのソース、冷凍ラズベリー、練乳。どこまでも甘くて美しい。

ロミオとジュリエット ブラジルスイーツ

お庭も広々。

アオソラカフェ 千葉

アオソラカフェ 千葉

広い庭、センスのよいインテリア、古い建物のよさが最大限に活かされていて、本当に空気感のよいカフェです。

コンセントを見つけ
「盗電させてください」と言うと、
「どうぞどうぞ、それは充電できるように配置してるんですよ。」
なんと優しい心配り。

 

アオソラカフェ 千葉

 

この日も佐藤さんのお知り合いがノマドにいらして一緒におしゃべりしたり、
居座っていてもいいよーというのんびり感と
お客さん同士が知り合いになったりというコミュニティ要素もあり、
ほんとにすてきでした。
近くだったらしょっちゅう行くのになー。

帰ってきた翌日も行きたくなるお店です。
カフェ好きの方、お近くの方、そうでもない方、ぜひ一度足を運んでみてください。

 

 

【AOSORA CAFE】
千葉市中央区矢作町209 070-3104-8899
定 休 日(月)(火)
営業時間(水)(木)(日)午前11時〜午後6時
(金)(土)午前11時~午後8時
無料駐車場最大10台分完備

空家再生プロジェクト第1弾 「AOSORA CAFE」 2016年1月11日11時Open!あおぞらじゃなくて、『あお「そ」ら』です!!

(食べログ)アオソラカフェ


■ミサリングファクトリーホームページはこちらからどうぞ■

◆小学生・中学生のお菓子教室「キッズファクトリー」 ■第3土曜日午前クラス 空2 ■第4土曜日午前クラス 空4 ■第4日曜日午前クラス 満席

◆未就学児の親子お菓子教室キッズファクトリープチ」 ■第4日曜日午後クラス 空1

◆中学生・高校生のお菓子教室「おやつファクトリー」 ■第2日曜日午前クラス 空1 ■第2日曜日午後クラス 空1 ■第3土曜日午後クラス 空2

◆フランス菓子研究所 ■第1火曜日クラス 空1 ■第1水曜日クラス 満席 ■第1木曜日クラス 空1 ■第1金曜日クラス 空1 ■第1土曜日クラス 満席 ■第1日曜日クラス 満席

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です