3月1日フランス菓子教室ステップアップコース「サントノーレ」|お菓子教室

さて、ステップアップコース最後のレッスンがスタートしました。

作るのは「サントノーレ」シュークリームのお菓子です。

組み立て「パートシュクレ(タルト生地)」に「パータ・シュー(シュー生地)」を絞り出し焼きます。
たまちゃん、円がきれいです。

 

パートシュクレは18cm円に成形にしたものを用意してありますのでご安心ください。笑

サントノーレ お菓子教室
それからクレームパティシエール(カスタードクリーム)を作ります。

サントノーレ お菓子教室

サントノーレ お菓子教室これでパーツは出揃いました。
パティシエールが冷えたら、分割してそれぞれプラリネダマンド(アーモンドのプラリネ)と、クレーム・オ・ブール(バタークリーム)と混ぜて2種類のクリームを用意します。

サントノーレ お菓子教室プチシューの中にはクレームムースリーヌ(パティシエールとクレーム・オ・ブールを合わせたもの)を絞り袋で入れて、プラリネクリームは本体にのせます。

サントノーレ お菓子教室プラリネクリームの上をシャンティ(ホイップクリーム)で覆います。

 

ここまでは結構スムーズ。ここからが大変です。

飴を作り、プチシューにピスタチオをのせ、さらに本体の方につけていきます。

サントノーレ お菓子教室
160度まで加熱。デンジャラスな作業はなぜか楽しい。

サントノーレ お菓子教室
飴は手早く扱わないと固まってきちゃうのですばやくやらないといけないのです。

 

そして最後に、シャンティを絞って飾り付け。ピスタチオを飾ったらやっと出来上がり。

サントノーレ お菓子教室それぞれの個性が出ました。

サントノーレ お菓子教室
初日、出来上がりが3時間20分でした。早く終わるかな?と思ったけど最後の飴がけがやはり時間かかりました。

 

できたてのサントノーレ、めちゃめちゃおいしいです。最近太るので試食を控えようと思ってるのですが。ムリ。

今回はデモを15cmで作りました。試食分で食べきりサイズ。材料も無駄にならないし時間短縮にもなるので、来月からは小さく出来るものは小さく作ろうと思います。15cmのキャドルも買おうっと。

サントノーレ お菓子教室
最近みんなから「先生、仕込み大変ですよね〜。ありがとうございます。」とやたら言われるようになりました。笑
今月のパートシュクレは先月のガレットの生地に比べれば断然楽勝でしたよ〜。(麻痺してる?)

明日も同じレッスンです。おもったより大変じゃないのでお楽しみに!


■ミサリングファクトリーホームページはこちらからどうぞ■



◆【きょうしつの学校特別セミナー】小さく作ってコツコツ育てよう。継続できる事業の作り方。 2018年1月25日横浜開催

-->
◆小学生・中学生のお菓子教室「キッズファクトリー」 ■第3土曜日午前クラス 空2 ■第4土曜日午前クラス 空4 ■第4日曜日午前クラス 満席

◆未就学児の親子お菓子教室キッズファクトリープチ」 ■第4日曜日午後クラス 空1

◆中学生・高校生のお菓子教室「おやつファクトリー」 ■第2日曜日午前クラス 空1 ■第2日曜日午後クラス 空1 ■第3土曜日午後クラス 空2

◆フランス菓子研究所 ■第1水曜日クラス 満席 ■第1木曜日クラス 満席 ■第1金曜日クラス 満席 ■第1土曜日クラス 満席 ■第1日曜日クラス 満席

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です