4月6日フランス菓子研究所「抹茶のアントルメ」|お菓子教室

本日5日目!抹茶のアントルメもついに後半戦に入りました。

一番大変なのは意外にも(?)最初のビスキュイ・ア・ラ・キュイエール(フィンガービスケット生地)。作るのはいつも通りですが、量が多いため絞り袋に一度で入らず、2回に分けて1枚ずつ型に絞り出していきます。量の多い生地を絞り袋に入れるは難易度高し。しっかりとした技術があってこそです。

抹茶のアントルメ お菓子教室 抹茶のアントルメ お菓子教室 生地を移動する、混ぜる、道具を片付ける。何度も何度も同じ工程が出てきます。

抹茶はベタベタするのできれいに作らないと大変なことになるのですが、皆さんとてもお上手でした。さすが。
抹茶のアントルメ お菓子教室 抹茶のアントルメ お菓子教室
3時間半のレッスン。材料と道具が大量なのでどんどん片付けていきます。私もずっと動きっぱなしなので写真を撮る余裕があんまりありません。

出来上がりの断面図を見ながら、「クレームが固いと隙間ができるね」「端っこは仕方ないね」とかいろいろ研究所っぽい考察が行われました。。
抹茶のアントルメ お菓子教室 抹茶のアントルメ お菓子教室

残り1日。明日で終了。今月の抹茶はレッスン的にはすごく大変でもなく簡単でもなく中間くらい。

まぁ、6日間出来るかな。来月はパウンドケーキだから楽!(なはず)

あと1日、楽しんでいきます!

■募集中 2019年5月1日 ミサリングファクトリー12周年祭開催