赤いルバーブと緑のルバーブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ルバーブのジャム

赤いルバーブが大好きです。ヨーロッパではメジャーな野菜。6月の八ヶ岳へ行った時にちょうどルバーブの季節だったので、直売所で赤いルバーブを買うことができました。持ち帰ってジャムにしておやつファクトリーの子たちに食べてもらいました。やっぱり赤は断然色がきれい。酸味もかなりあるおいしいルバーブで「食べたことない味。」と子供たちにも好評でした。

 

7月には焼き菓子カフェラ・バニラの伊藤めぐみさんが取り寄せの時にお声がけくださって、別の赤いルバーブを入手。こちらもジャムにしました。八ヶ岳で買ってきたのとはちょっと味が違いました。赤でもいろいろなのね。

 

横浜でもルバーブは採れ、季節になるとJAの直売所に出ることがあります。でも横浜のルバーブは緑なのです。

以前、緑のルバーブと赤いルバーブは同じものというのを聞いたことがあります。
山口の楠クリーン村でルバーブ作って、なんて言ったら調べてくれて赤いルバーブの種が売ってないということだったので、緑とか赤とかやっぱり品種は関係ないのかなと思っていました。涼しいところだと赤くなるのかな?とか。

ところが八ヶ岳のルバーブは酸味がしっかりあって断然おいしく、同じものとは思えない味わいでした。やっぱり赤と緑は品種違うのかなー。

ここまでが前フリです。

 

 

最近、ツイッターで「赤いルバーブのほたる農園たつのさん」のつぶやきを見て、「緑と赤は違うのですか?」と聞いてみたところ、ていねいに教えて下さいました。

【まとめ】

  • ルバーブはシベリア原産。冷涼地・寒冷地が栽培適地
  • 品種に寄っては耐暑性があり、横浜で緑のルバーブが栽培されているなら耐暑性の赤株で横浜でもできるのかも。(やってみないとわからない)
  • 品種によって味・色合いが違う
  • 日本に持ち込まれた株がルーツになっていて品種名が分からなくなっているものもある。
  • 種をまいて育てたルバーブは親の特性を引き継がない=赤茎のルバーブも子どもは緑色になる。
  • 赤茎のルバーブが欲しければ株分けするしかない。
  • 品種が同じなら緑でも赤でも味は同じ

赤は株分け!

そして赤でも様々な品種がある!←野菜や果物って品種まで書いてないことも多いのすが、当たり前だけど種類あるんですよね。

ルバーブについての理解が革新的に進みました。
赤いルバーブと緑のルバーブ、みんな謎だと思うのでブログ残すことにしました。

赤いルバーブのほたる農園たつのさん、大変親切ていねいに教えてくださり感謝です。来シーズンはルバーブを購入させていただきたいなぁと思います。

ルバーブ&赤ワインと黒胡椒のジャムのレシピ

 

ルバーブジャム作るのは好きなんだけどあまり食べない。たくさん作ってみんなにおすそ分けしています。

 



■現在募集中の講座・レッスン・イベント情報■


■1dayセミナー「教室スタートアップ」 2017年8月25日(金)
■教室開業スクール2017年9月14・21日 横浜開催



小学生・中学生のお菓子教室「キッズファクトリー」 ■第3土曜日午前クラス 空3 ■第4土曜日午前クラス 空4 ■第4日曜日午前クラス 満席

◆未就学児の親子お菓子教室キッズファクトリープチ」 ■第4日曜日午後クラス 空2

中学生・高校生のお菓子教室「おやつファクトリー」 ■第2日曜日午前クラス 満席 ■第2日曜日午後クラス 空1 ■第3土曜日午後クラス 空2

フランス菓子研究所 ■第1火曜日クラス 空1 ■第1水曜日クラス 満席 ■第1木曜日クラス 空1 ■第1金曜日クラス 空1 ■第1土曜日クラス 満席 ■第1日曜日クラス 満席
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

現在募集中のレッスン

ピックアップ記事

チョコレートパウンドケーキ 子供お菓子教室

2017.2.10

【会員募集】キッズファクトリープチ(未就学児〜小学1年生の親子レッスン)|子供お菓子教室

未就学児さんの親子お菓子教室「キッズファクトリープチ」4月からの新規入会募集です。 プチクラスは未就学〜小学1年生までのクラス。現在満…

ページ上部へ戻る