3月2日フランス菓子研究所「パン・オ・ノア」│お菓子教室

パン・オ・ノア(くるみいりライ麦パン)2日目です。

生地はふたり一組でスタンドミキサーで仕込み。楽ちんです。
パン・オ・ノア フランス菓子研究所 パン・オ・ノア フランス菓子研究所
生地にくるみを入れてきます。くるみが大量すぎて大変です。出来上がった生地は丸めて発酵。昨日は30°では1.5倍に膨らまないということだったのでちょっと温度を上げてきました。でも35°だと高すぎる感じ。33℃くらいで1次発酵。温度難しいですね。よく膨らみました。
パン・オ・ノア フランス菓子研究所

簡単に成形して2次発酵。あとは発酵と焼成だけです。その間に和三盆プリン。パン・オ・ノア フランス菓子研究所
プリンも焼成温度が難しいお菓子のひとつです。全部が同じようにできないのは庫内温度にムラがあるから。プリンはほんとにわかりやすいです。途中ローテーションしたけどやっぱりスができるところとかたまらないものが。あと混ぜ方も影響ありそう。(卵が多いところはかたまりやすい)

 

そんなこんなで毎日わたしが研究しています。試食タイムはみんなが持ってきてくれたおやつも含めお腹いっぱいランチです。パン・オ・ノア フランス菓子研究所
ライ麦の味わいがとてもおいしいパン。食通のつねこさんが「おいしい」「おいしい」としみじみ言いながら食べていたので本当においしいんだなとうれしくなりました。
パン・オ・ノア フランス菓子研究所

明日・明後日の週末レッスン続きます。

そろそろ周年祭の準備。今年から生徒さん主催の開催になります。わたしもお手伝いに参加します。子供生徒さんたちにはお手伝い募集の案内をお配りしましたが、参加者大募集中です。一緒に楽しみましょう。

ミサリングファクトリー11周年祭は2018年4月30日。

当日はカフェありお菓子販売ありその他いろいろイベントもあるみたいなので、皆様、ぜひご来場ください。

 

■募集中 春休みワンディレッスン「苺のショートケーキ」2019年3月21日(木・祝) 第2回お話し会「高校内居場所カフェでのケーキ作りボランティア」2019年3月17日(日)