8月1日フランス菓子研究所「マンゴーのババロア」

8月のレッスンスタートしました。
フランス菓子研究所「マンゴーのババロア」です。

 

マンゴーは大人気。今年は特に暑いのでマンゴーがおいしいです。でははりきって作っていきましょう。初日なのでわたしも元気です。笑

フランス菓子研究所 マンゴーのケーキ
まずはビスキュイ・ア・ラ・キュイエール(フィンガービスケット生地)、ビスキュイはたびたび出てきますが、ビスキュイ・ア・ラ・キュイエールは久しぶりかも。記憶にありません。

 

エキュモワールで泡をつぶさないようにきれいに混ぜていきます。

萌えポイント

丸口金をつけた絞り袋で絞っていきます。丸2枚と10×18cmの四角1枚、泡がつぶれていると膨らみが悪くなり硬く薄い生地になります。ふんわり仕上げるのは結構難しいですね。

たまちゃん、きれいです。
焼き上がった生地にポンシュを打ちます。間にはさむビスキュイはポンシュを打ちすぎるとあとで大変です。なぜか想像してみましょー。

水分補給タイム。冷たい麦茶を用意しています。喉が乾いてないと思っても飲みましょう。

ババロア作り。いっせいに火がつくと暑い暑い。でも80℃に上がるのも速いです。
出来上がったババロアをセルクルに流し入れます。これでおしまい。

先月のロワイヤルに比べるとだいぶ楽です。

「2ヶ月続いてババロアを作るとおぼえますね。」とかよこさん。そうですね。先月のことをうっすらと記憶に残っているうちにもう一回やる。

英語のあとにちんぷんかんぷんの言語を聞くと英語がすごく聞き取れるそうです。これと同じで、ハードなレッスンの次にちょっと簡単だと脳が(なにこれ簡単)と勘違いするのです。

これ上達の秘訣。
これで完成です。仕上げのジュレがけは家に帰ってから。
片付けまでで1時15分くらいでした。案外ビスキュイ・ア・ラ・キュイエールが時間かかるのです。
落ち着いてひとつひとつの工程に集中してていねいに作ります。のんびりやるのとは違います。意識を作業に向けてくださいね。そのうちにスピードがついていきます。速くきれいに作れるようになると本当に気持ちがよいですよ。

冷蔵庫が新しくなりました。今度冷凍庫が1ドアになって入らないよーと思ってのですが、案外収納力がありいけそうです。あと断捨離します。保存期間が長いのでついつい取ってあるものを片付けようと思います。コンパウンドアップル(りんごの香料)をご希望の方に差し上げますので、ほしい方は100g程度が入る瓶をご持参ください。


会員いつでも募集中。お菓子教室というコミュニティにあなたも参加しませんか?
■ミサリングファクトリー公式ホームページ■


◆小学生・中学生のお菓子教室「キッズファクトリー」 ■第3土曜日午前クラス 空有 ■第4土曜日午前クラス 空有 ■第4日曜日午前クラス 空有

◆未就学児の親子お菓子教室キッズファクトリープチ」 ■第4日曜日午後クラス 空有

◆中学生・高校生のお菓子教室「おやつファクトリー」 ■第2日曜日午前クラス 満席 ■第2日曜日午後クラス 満席 ■第3土曜日午後クラス 空有

◆フランス菓子研究所 ■第1水曜日クラス 満席 ■第1木曜日クラス 空1 ■第1金曜日クラス 空1 ■第1土曜日クラス 満席 ■第1日曜日クラス 満席