1月9日フランス菓子研究所「バトネ・フロマージュ」

バトネ・フロマージュとは、棒状(バトン)のチーズ(フロマージュ)という意。そのまんまですけども。

今日も元気にバトネ・フロマージュ作りました。

お菓子教室 バトネフロマージュ
View this post on Instagram

パータ・パテののし。硬いです。

A post shared by misalingfactory (@misalingfactory) on

まずは仕込み生地を成形し、寝かせている間に持ち帰り用の生地作り

気温の低い今の季節は生地がだれてこないのでのんびり作っていても大丈夫。今日のレッスンは余裕です。

焼成時間も短いのです。今日は12時前に終わりました。一番大変なのはのしの作業。慣れている方ならあっという間です。のしに慣れていないとちょっと時間がかかります。

お菓子教室 バトネフロマージュ
今日のおやつ。文明堂金カステラ(Z)←ザラメのZ *本当です。笑

出来上がったバトネ・フロマージュに今回はすてきな入れ物を用意してみました。缶を揃えようと思ったのですが数が足りなくて乙女な箱も登場。どちらもかわいいです。

「…これ止まらないやつだ」ひとつ食べて皆さん異口同音に。箱にしまうときもなんだかポリポリ食べてました。パイ系はそこが危険。良いバターを使ってきちんと作ると油っぽさもなくとても軽いのでついつい手が出てしまいますが、本当に太りますから気をつけてください。

お菓子教室 バトネフロマージュ
ちょっと入り切らずに、袋で持ち帰りな感じ

今日は13時までに完全終了。(早い!)

日曜日よりは気温が高く作業しやすかったです。明日はどうかな。お待ちしています!

■募集中 2019年5月1日 ミサリングファクトリー12周年祭開催