クラウドファンディング起案はよーく考えて!経験者のしんぱい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年、目標100万円を掲げてクラウドファンディング(商品購入型)にチャレンジしました。お陰様で164名からの応援を受けて120%を達成することができ、その後、取材や横浜市主催のイベントに登壇者として呼んでいただいたり、経営者として1ステップ上がれたりと、大変だったけどチャレンジしたことで得たものが大きかったです。
(*起案した個人教室向け生徒管理システム「テトコ」は2015年11月リリース予定です)

今年は予想通りというか、クラウドファンディングが注目され、挑戦される方も格段に増えましたね。正直(それってどうなのかなー)と思う起案も多々見受けられます。「クラウドファンディングやってみようかなと思っているんだけど」とたびたび相談されますが、「大変やめときなー」と答えています。笑

今回あえてブログに書こうと思ったのは、先日の取材時に、「簡単にチャレンジして達成できない人が増えているのは問題。その事実がずっとWEB上に残ってしまうため、一種のネガティブキャンペーンになってしまうのだ。」という話しを聞いたからです。

なるほど。クラウドファンディングの起案はずっとWEB上に残ります。検索すると出てくるため、場合によっては「あー、このプロジェクト、××万円も集められなかったんだ。」というように、ネガティブな情報として捉えられてしまうということなのです。起案者自体の評価に繋がる場合もあります。

わたしもチャレンジする前、こんなことは思いもよらなかったです。達成出来なかったらと考えるとぞっとします。

検討している方には、ちょっと資金調達をしたいからとりあえずやってみよ!という気軽なものではないことをよくよく考えて頂きたいと思います。

クラウドファンディングは思っている以上に手間とコストがかかります。プラットホームへの手数料、応援者へのお礼の品の用意、発送費用etc。実際に手元に残るお金は達成額の6割くらいでしょうか。また大きなプラットホームへ起案をすれば不特定多数の人から資金を集められると期待すると思いますが(自分もそう思いました)、実際に応援してくれるのは自分の周囲の人たちです。一部のプロモーション的な起案をのぞくと、まったく関係のない人たちからの応援はほとんどないといっても過言ではないでしょう。

もちろん、クラウドファンディングのメリットもたくさんありますが、それを得るためには、相当な時間とエネルギーを費やす覚悟が必要です。数十万円の資金を集めるのが目的なら募金の方がずっと効率的だとわたしは思うし、起案をするなら、達成するためにありとあらゆることを徹底してやってほしいです。

すばらしい活動をしている方がこのトラップにひっかからないよう願いをこめて。

【参考web】
>>がんばる先生をアプリで応援!生徒管理システム「テトコ」を作りたい。(FAAVO横浜)
>>クラウドファンディングは資金を集めるより人と人との繋がりを集めることが主題!(実践IT研究所)


教室開業スクール2017年7月13・20日 横浜開催



◆会員募集!小学生・中学生のお菓子教室「キッズファクトリー」 ■第3土曜日午前クラス 空3 ■第4土曜日午前クラス 空4 ■第4日曜日午前クラス 満席

◆未就学児の親子お菓子教室キッズファクトリープチ」 ■第4日曜日午後クラス 空3 *新規会員募集中

◆会員募集!中学生・高校生のお菓子教室「おやつファクトリー」 ■第2日曜日午前クラス 満席 ■第2日曜日午後クラス 空1 ■第3土曜日午後クラス 空2

◆会員募集!フランス菓子研究所 ■第1火曜日クラス 空1 ■第1水曜日クラス 満席 ■第1木曜日クラス 満席 ■第1金曜日クラス 空1 ■第1土曜日クラス 満席 ■第1日曜日クラス 満席 *クラスが増えました!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

現在募集中のレッスン

ピックアップ記事

ミサリングファクトリー 10周年祭

2017.5.5

10年で育んできたMF☆10周年感謝祭お礼とご報告

昨日5月4日、ミサリングファクトリー10周年感謝祭開催しました。今回も晴天に恵まれ(9回開催で荒天は1回だけ!)、さわやかな5月の風と新緑の…

固定ページ

ページ上部へ戻る