2月13日おやつファクトリー「生チョコラスク」バレンタインてなんだ?

今日からおやつファクトリー(中学生・高校生のお菓子教室)が始まりました。今月作るのは「生チョコラスク」。まずはバケットを1cmにカットしてバターペースト作ってぬって焼く。
チョコラスク お菓子教室1 チョコラスク お菓子教室3
焼いている間にお片づけ、次の作業に入る準備をします。

今日はふたりがキッズ(小学生のお菓子教室)からの進級組。高校生のおねえさんがいろいろ教えてくれます。
チョコラスク お菓子教室5
これだけでもおいしい。
チョコラスク お菓子教室6
ホワイトチョコとミルクチョコのガナッシュを作りそれぞれをぬって仕上げます。量が多いので場所が大変。先月のマラサダ(油で揚げる)より大変かも。今日の5名でも結構いっぱいいっぱいだったのですが、来週の2レッスンは7名。大丈夫だろうか…。レッスンはライブ、やりながらスタッフさんや生徒さんの意見を聞いて次の対策を考えます。チョコラスク お菓子教室7
チョコラスク お菓子教室8 チョコラスク お菓子教室9

ひとつひとつ袋に入れてお持ち帰り。

ところでバレンタインて子どもたちの間ではチョコを配るもの、ではなくなって久しいです。

 

生徒さんたちに聞くと一応世の中チョコチョコ言ってるので、「バレンタイン=チョコ」という認識はあるそうですが、別にチョコをあげようとかは思ってない。「むしろチョコはかぶるから避けたい」とは高校生のあきこちゃん。

小学4年生のただしくんは、バレンタインは女性が男性にチョコをあげて告白する日だったというと「そうなの??」と。そう、子どもたちはもうそんなこと知らないんです。(大きくなると周りからの情報で知るようですが)

 

世の中のコマーシャルや仕掛けを見ているとどこもチョコチョコチョコチョコ。的を外してるとは思わないけどあれは虚構の世界に近くなってる。

チョコラスク お菓子教室10
子どもたちにとってバレンタインはお菓子を配る日。小さくたくさん作れて、他の人と差がつくようなものがいいんだそうです。「あ、これちょうどいいじゃん!」てただしくんが。はい、一応それ狙って今月はチョコラスクにしました。でも配らないで食べちゃうよねー。笑

それと今日もうひとつみんなに聞いたこと。「腑に落ちるって分かる?」

納得するってこと。先生や親に「ああしなさい、こうしなさいって言われて、なんでだろう?って思うことない?』って聞いたら全員が「ある。」と。そういう時どうするの?と聞いたら全員がなにも言わないと。腑に落ちないけどなにも言わないままそれをやるんだって。「どうして言わないの?」と聞いたら「そんなこと言ってないでやりなさい!」とかうるさいこと言われるからだと。小学校に入ると子どもたちから伸び伸びがなくなっていくのはなんで?と思っていたけど、たぶんこういうことだな。ああ、おとな反省しましょう。

フランス菓子教室ベーシックコース

第3水曜日 空1
第3木曜日 空1

◆小学生・中学生のお菓子教室「キッズファクトリー」

第3土曜日午前クラス 空3
第4土曜日午前クラス 空1
第4日曜日午前クラス 空2

◆未就学児の親子お菓子教室キッズファクトリープチ」

第4日曜日午後クラス 満席

◆中学生・高校生のお菓子教室「おやつファクトリー」

第2土曜日午前クラス 満席
第2土曜日午後クラス 満席
第3土曜日午後クラス 空2
第3日曜日午後クラス 満席


■ミサリングファクトリーホームページはこちらからどうぞ■

◆小学生・中学生のお菓子教室「キッズファクトリー」 ■第3土曜日午前クラス 空2 ■第4土曜日午前クラス 空4 ■第4日曜日午前クラス 満席

◆未就学児の親子お菓子教室キッズファクトリープチ」 ■第4日曜日午後クラス 空1

◆中学生・高校生のお菓子教室「おやつファクトリー」 ■第2日曜日午前クラス 空1 ■第2日曜日午後クラス 空1 ■第3土曜日午後クラス 空2

◆フランス菓子研究所 ■第1火曜日クラス 空1 ■第1水曜日クラス 満席 ■第1木曜日クラス 空1 ■第1金曜日クラス 空1 ■第1土曜日クラス 満席 ■第1日曜日クラス 満席

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です