経験は力│子供お菓子教室

こんにちは、横浜のお菓子教室ミサリングファクトリー松本です。
昨日体調を崩した義父を連れて朝から病院に来ています。問診、検査、検査、診察、検査(イマココ)。
私は送迎とひたすら待つ係り。
ヒマです(´・_・`)
それはさておき。子どもの経験値について。
卵を割ったことがない高校生の話を、製菓学校の先生からうかがったことがあります。
キッズファクトリーでも、使い終わったハンドミキサーのコードが束ねられない子が数名いました。やったことがないそうです。
トウモロコシの皮は、殆どの子がむいたことがありませんでした。
えー?そんなことも出来ないの?と驚きますが、やったことがなければ、まあ、できなくても仕方ないかなぁ。
もしや?と思い、息子@17歳に、コード束ねられる?と聞いたら「たぶん」だって。
多分ってなに?(^_^;)
そんなアホ息子が、先日蚊がいるからといって蚊取り線香をつけてました。朝起きてビックリ。

photo:01

何ですか、これはー
自分でつけたことはなくても、なんかおかしい?って思わないのー?
まったく思わなかった!とキッパリ言い放つ息子。…大丈夫か?( ̄◇ ̄;)
経験とか観察力ってほんと大事だなと痛切に感じます。
だから、キッズファクトリーでは、ひとつでも多く「やったことがある」を増やして欲しいと切に思うのです。
今時の子どもは、経験値が低い傾向があるように感じます。そして若いお母さん世代にもその傾向を感じます…。でも、そんなことも出来ないの?とバカにするのはちょっと違うと思うのです。
だって、こんなに何でも揃っている世の中なんだもの。いいとか悪いとかじゃなくて、仕方ないでしょう。
こういう時代だから、子どもにあえて経験させるということを、私たちは意識する必要があります。
ミサリングファクトリーで、レッスン以外にも、畑や海へ行ったりカフェを開いたりなどのイベントを行っているのは、そういう目的のためです。ぜひ利用して下さいね。
息子には、「蚊取り線香はセンター入試に出るよ」と言いました。

■募集中 春休みワンディレッスン「苺のショートケーキ」2019年3月21日(木・祝) 第2回お話し会「高校内居場所カフェでのケーキ作りボランティア」2019年3月17日(日)