12月3日フランス菓子研究所「ビッシュ・オ・プラリネ」│お菓子教室

「今日は(とちゅうでお腹が空いた時対策で)お団子を持ってきました。」とまどかちゃん。

レッスン中に小腹が空くかもしれないから、なんか持ってきてぽいっと食べてもいいですよ。

そんなお菓子教室があるでしょうか。でも今月いろんなものを持ってくる人がいておもしろいです。

そんなレッスンも今日で折り返し。

 

「思ったより大変じゃない。」との評判です。
FBのりマインドが教えてくれたのですが、去年のビッシュショコラは4時間半だったみたい。今回のが楽。

ビッシュ・オ・プラリネ お菓子教室
そうなんです。つまり大変なのはわたし。仕込みと計量が膨大。

天板に敷くシートをサイズに合わせてカットしたり、そういう小物も地味に作っているのです。
ビッシュ・オ・プラリネ お菓子教室
昨日試した裏ごししないババロア。任意にしたところみんな「裏ごししません。」と。笑
ビッシュ・オ・プラリネ お菓子教室
チョコレートが入るので固くなります。温度を下げるのもちょっと大変。ビッシュ・オ・プラリネ お菓子教室 ビッシュ・オ・プラリネ お菓子教室
ババロア、早くしないとどんどん固くなってきます。
ビッシュ・オ・プラリネ お菓子教室
仕上げのバタームースはみんな上手に作っていました。今回は今のところ失敗なし。

バターを溶かしてしまうと口当たりの悪いムースになるので、ゆるめるんだけど溶かしすぎない。ここポイント。ビッシュ・オ・プラリネ お菓子教室 ビッシュ・オ・プラリネ お菓子教室 ビッシュ・オ・プラリネ お菓子教室
それぞれ、好きなプレートを選んで飾ります。個性が出ますね。ビッシュ・オ・プラリネ お菓子教室 ビッシュ・オ・プラリネ お菓子教室 ビッシュ・オ・プラリネ お菓子教室

これでビッシュのレッスン折り返し地点。明日・明後日とインターバル置いてまたスタートです。

今年は、大きなツリーを出さない代わりに、スノーマン貼ってみました。

スノーマン

■募集中 2019年5月1日 ミサリングファクトリー12周年祭開催