5月5日フランス菓子研究所「マーブルのパウンドケーキ」│お菓子教室

今日から5月のレッスンがスタートしました。今月のフランス菓子研究所は「マーブルのパウンドケーキ」を作ります。

 

ミサリングファクトリーのフランス菓子は伝統的にパウンドケーキのレッスンは2本作ることになっています。かなり力仕事ですがそういうことになっているので仕方ないです。笑

フランス菓子教室 マーブルのパウンドケーキ フランス菓子教室 マーブルのパウンドケーキ フランス菓子教室 マーブルのパウンドケーキ フランス菓子教室 マーブルのパウンドケーキ
作り方はただただひたすら丁寧に手で混ぜ込むだけ。ミサリングファクトリーではもう当たり前の作業です。集中して均一になるべく汚さないように混ぜていくのは修行僧のようですが技術はこういう風に身についていきます。

 

今日一番の難関がきれいなマーブル模様が出るように生地を扱うこと。

最後チョコレートを入れた生地と白い生地をさっと混ぜ、型に入れていきます。

型へ入れる時あまりに触りすぎるとマーブルはきれいに出ません。手数少なく生地を動かさないように型に入れる。型の向き、ボウルの位置取り、ゴムベラの使い方、これもいつもやっているテクニックです。これが身についていればなんということはありませんが、初心者の方には難しいもの。

フランス菓子教室 マーブルのパウンドケーキ
カットは家に帰ってからなのであとで断面図見せてね。
フランス菓子教室 マーブルのパウンドケーキ

上部が思った以上に膨らみます。メレンゲをしっかり潰して混ぜ込みましょう。

生地を入れる時チョコレート生地を上部に多めになるように入れるといいかも(ひろこさん談)フランス菓子教室 マーブルのパウンドケーキ フランス菓子教室 マーブルのパウンドケーキ今日のレッスンは12時頃終了。早いです。
ボリュームたっぷりのお持ち帰り。おいしいのは翌日以降です。1週間程度で食べてくださいね。フランス菓子教室 マーブルのパウンドケーキ

重要なお知らせ…6月のフランス菓子研究所のメニュー「サランボ」を年間メニューで「フルーツのタルト」とご案内していたのですが今日確認したところ「キルシュ入りパティシエールのシュー菓子」でした。(どんな間違え方やねん)

教室カレンダー訂正しました。今月のレッスンでお知らせします。

■募集中 春休みワンディレッスン「苺のショートケーキ」2019年3月21日(木・祝) 第2回お話し会「高校内居場所カフェでのケーキ作りボランティア」2019年3月17日(日)