6月5日フランス菓子研究所「ギャレット・ノワ」

週変わりまして、「ギャレット・ノワ」のレッスンふたたびスタートです。だいぶ気候もかわりました。梅雨を感じる湿度です。お菓子作りと気温・湿度はとても密接。5日間やっていると日に寄って大きく変わることもあります。

気温がだいぶ高いのでちょっと生地がべたつきました。まとめるまで一気に仕上げるのがポイント。

そして仕込み済みの生地の伸しです。こちらも手早く。生地は1番生地で7〜8枚取るのが目標。そのためには闇雲に伸ばさずちゃんとサイズを測ります。4.5cmの丸だから、9cm幅で生地を長方形に伸すとよいのですが、生地が割れたりするので結構難しい。

View this post on Instagram

伸し。@acorne97 あこちゃんがうますぎる

A post shared by misalingfactory (@misalingfactory) on

さすが、普段相当な数のクッキー生地を伸しているアイシングクッキーの先生。動画をお手本にどうぞ。

つなぎが卵黄のみなのでほろほろ崩れやすい生地です。生地温が上がってくる前に抜き型で抜きます。

そしてぬり卵(今回は卵白)をして焼成。やはり200度13分ほどでちょうど良いようです。ただスタジオのオーブンでこの焼き時間ということですから、家で約場合13分で焼ける温度を探してみてください。

レッスンは短いですが、持ち帰り30個分、おうちで成形して焼くのでちょっと大変ですが、ほんとーーにおいしいのでがんばってくださいね。