4月6日フランス菓子研究所「米とオレンジ」

米とオレンジも折り返し。わたしもだいぶ慣れてきたのですが、土曜日はスーパー速いひろこさんとちかさんが同時進行でがんがん作っていったため、最速で終了しました。2時間50分。そんなレッスン。

よく売られているジャスミンライス。KALDIや富澤商店で購入できます。昨日からこちらのうるち米使ってます。
袋の中とボウルの中の米を比べてみてください。ボウルの中のがうるち米。袋の中はもち米です。もち米は白く、うるち米は透明ですね。(注:この袋で売っているのはうるち米です。入れ替えました。)
インディカ米にももち米があるのを知ったのは私も2年ほど前です。カオニャオマムアンを作るために探しました。中華街で見つけましたよ。

最初に組み立てを頭の中に入れるとよいです。作るものは基本のビスキュイとババロアなので難しいものではありません。
あとは汚さずに作ることを意識すると作業はぐんとはかどります。

オレンジのババロアもバニラのババロアも工程は同じなので、時間差で同時進行。あとは各人自主作業のようなかたちになりました。ふたりひと組なので、ひとりが作っている間にもうひとりが準備したり、片付けをしたり。作業がたくさんあるので結構忙しいです。

全部の準備ができたら、各人で1台を組み立て。5層(ジュレを入れると6層)です。)あとは冷やし固めます。本当にやわらかいケーキなのです。クリームみたいなババロア。

わたしはうるち米ともち米両方を食べていますが、もち米の方が好きかな。でもオリジナルのレシピはうるち米だと思います。うるち米はジャスミンライスを使いましたが香りが高く歯ごたえもしっかりしています。ケーキもしっかりしています。

さて、明日が最終日。ラストの皆さんもお楽しみに〜。

■募集中 2019年5月1日 ミサリングファクトリー12周年祭開催