12月2日フランス菓子研究所「チーズのビッシュ」

昨日は写真がなかったので本日のレッスンで巻き返し(?)。

ビスキュイ・オ・ザマンドは予め作ってあるので、いちじくのジャムをぬって用意したところに、ベイクドチーズ生地を作って流し込みます。

チーズのビッシュ フランス菓子研究所 チーズのビッシュ フランス菓子研究所
メレンゲの硬さが重要と昨日のレッスンの振り返り。泡立てすぎないようにみんなめっちゃ慎重だったため、本日はみんな緩めの仕上がり。(もう少し泡立てて調整しました。)チーズのビッシュ フランス菓子研究所
今月から研究所員になったひなこちゃん@高校2年生。初エキュモワールですが、はじめてとは思えない習得ぶり。さすがミサリングファクトリー生え抜き。チーズのビッシュ フランス菓子研究所 チーズのビッシュ フランス菓子研究所
慎重に生地を作り終えて、キャドル(型)に流し込みました。今日はほぼ漏れずに出来たので、キャドルから生地が漏れたのは、やはり生地のかたさなのではと思います。
チーズのビッシュ フランス菓子研究所
1時間の蒸し焼きの時間。暇です。高校生コンビにビスキュイ・オ・ザマンドの仕込みをしてもらいました。監修はかおり姉さん。チーズのビッシュ フランス菓子研究所

それでも時間に余裕があるのでフリマチェック。型、たくさん出てるので買ってね〜。チーズのビッシュ フランス菓子研究所

焼き上がったベイクドチーズ。取り外しは慎重に。焼き立ては柔らかいので崩れやすい。でも早く冷ますためには型を外したい。チーズのビッシュ フランス菓子研究所

そして組み立てです。焼き上がったチーズケーキをカットします。だいぶあまるのであとは持ち帰っておやつに。チーズのビッシュ フランス菓子研究所

仕上げは、クレームシャンティショコラを作って薪の形に絞り出していきます。

やっとクリスマスらしくなってきました。
チーズのビッシュ フランス菓子研究所 チーズのビッシュ フランス菓子研究所

ミサリングファクトリーのinstagramに動画アップしているので見てね。フォロー歓迎

最後はオーナメントとプレート選び。今年はたくさんあるので選ぶのも楽しみです。チーズのビッシュ フランス菓子研究所

試食はデモで作ったミニサイズ。といっても大きいですけどね。チーズのビッシュ フランス菓子研究所

今回は、「好きなドライフルーツベスト3」を聞いてます。

ドライフルーツ、大好きとあんまり食べないに二分されるような。ちなみに一番人気はいちじくです。あとマンゴー。皆さんはいかがですか?チーズのビッシュ フランス菓子研究所14時前には片付けが終わります。
「なんだか12月とは思えないのんびりしたレッスン」だそうです。
次回は来週。お待ちしていまーす。

■募集中 2019年5月1日 ミサリングファクトリー12周年祭開催